懐かしの名車をカタログで振り返る・・・旧車カタログコレクション(web版)






トヨタ 1983 カローラ(AE80型)


 1983年にトヨタから発売された5代目カローラ(AE80型系)です。この代からカローラ/スプリンターはスポーティー系のレビン/トレノを除いてFF車となりました。ご存知の通り、FRのまま生産されたレビン/トレノというのが、豆腐屋親子の活躍で未だに根強い人気を保っているAE86ですね。
 さて、この5代目カローラ、カローラとしては珍しくジウジアーロ氏によってデザインされています。ジウジアーロ・デザインにもかかわらず、どこからどう見てもカローラにしか見えないあたり、トヨタの『カローラ』というのは初代登場からずっと軸がぶれずにモデルチェンジを繰り返してきていますね。
 1966年に初代カローラが登場し、先行していた日産・サニーと大衆車競争を展開することによって一気にマイカー時代が到来しました。その後、それぞれがモデルチェンジを繰り返していきましたが、日産・サニーは既に市場から去ってしまいました。
 自動車の普及という役目を担った大衆車のカローラとサニー、もしかしたらその役目はもう終わったのかもしれませんね。
 40年前のカローラとサニーに相当する現在の車はきっとプリウスとインサイトでしょう。現にカローラの1.8リッターグレードと新型プリウスは価格差がほとんどありません。同じ排気量で、同じメーカーが作った車で、燃費性能は倍以上、そのうえ走りもずっとパワフルとなれば、カローラを選ぶ理由がありません。
 トヨタはレクサスブランドでも思い切ったことをするみたいですね。2.4リッターのハイブリット車『HS250h』を『レクサスIS』の再廉価グレードよりも安価な価格で販売するとのこと。
 ハイブリット車への移行は我々が考えているよりもずっと急速に進んでいきそうですね。

カローラ・4ドアSEサルーン(AE81型)
全長×全幅×全高 : 4185×1635×1385mm
ホイールベース : 2430mm
車両重量 : 880kg
エンジン : 直4OHC 1452cc 83PS

















































★ご注意★
このサイトは個人の範囲で楽しむことを目的として作られております。
記載された内容は各メーカーには一切関係ございませんので、メーカーへのお問い合わせはお控えください。
またカタログの著作権は各メーカーに帰属します。
サイト内容に関する問い合わせは kuruma_maniacs■yahoo.co.jp(■はアットマーク) へお願い致します。